NLEED

法律とITが同時に学べる!新設学科「情報デザイン大学科」誕生!大学も卒業できる!


未分類

法律とITが同時に学べる!新設学科「情報デザイン大学科」誕生!大学も卒業できる!

法律とIT・ビジネスが同時に学べて、
大学も卒業できる学科が誕生!

【2025年4月誕生】情報デザイン大学科

法律×ITで、人も社会も情報も、私が守る

情報デザイン大学科の注目ポイント

①本格的な法律を学んで、法律系資格取得も目指す!

②AIやデータサイエンスなど最新のITが学べる!

③開志創造大学(仮称:設置認可申請中)情報デザイン学部と併修。大学卒業が目指せる!

④大学の授業は完全オンラインだから学びやすい!

⑤法律事務所やIT企業、マスコミ、金融など幅広い業界就職が目指せる!

 

大学の授業は学び方に注目!

学習効果が最大となる組み立てで集中しやすい!

動画授業は、効果的な学び方を設計する専門家(インストラクショナルデザイナー)がすべてチェック!

授業動画はPCやスマホでも視聴でき、1回あたりの動画は15分。

集中しやすい構成になっています。

 

【学習成果を蓄積】

授業で作成した課題を就職でアピール!

授業で作成したプレゼンテーションやレポートなどをまとめて蓄積できるポートフォリオがあるので、就職活動の際などにも大学での学修成果をしっかりアピールできます。

 

活躍のフィールド

企業のコンプライアンスや情報、権利を守る人材

契約業務や他社との取引情報、顧客の個人情報など、企業の活動では法律にまつわることがたくさん。

未然のトラブル予防や法律に基づいた文書チェック、契約の取り交わしなどができる

法律に詳しい人材があらゆる業界や企業で注目されています。

 

IT企業のエンジニア

IT分野では、顧客企業や個人の情報を預かってサーバー運用やホームページ管理をしたり、

なりすまし、ハッキングなどのサイバー攻撃から守る情報セキュリティの技術が求められます。

法律の知識を使ってこれらに対処できる人材が注目されています。

 

法律事務所など法律の専門家

最近の法律業界でもAIを導入した企業や事務所が増えています。

また、ネット上でのトラブルも増えている現代で、

これに詳しい法律の専門家が注目されています。

 

公務員

法律を使った仕事の代表格が「公務員」。

国のデジタル庁をはじめ、各省庁、自治体でもペーパーレスやAI活用など

業務のDX化が進んでいます。

DXなどの最新ITの知識や技術を応用できる公務員が注目されています。

 

学べる内容で選べる2つのコース

▼IT・ビジネス・法律をバランスよく学ぶ[情報・ビジネスコース]

デジタルマーケティングや経営、情報リテラシー、

課題解決のためのデザイン思考などを学びます。

さらに、ニュースで話題の企業のコンプライアンスや

人権、個人情報保護など法律の知識を習得することで

企業や人の権利、財産、情報などを守ります。

 

法律+公務員試験対策+資格取得対策をセットで学ぶ[情報・公務員コース]

法律+ITビジネス+公務員試験対策をバランスよく学び、

行政の現場で注目されるDX人材を目指します。

公務員試験対策はカリキュラムに標準で含まれていますので、

公務員試験対策のために追加費用や多くの補習に時間をかけることがありません。

 

新潟法律大学校の募集概要

学科名称:情報デザイン大学科

コース名称:情報・ビジネスコース/情報・公務員コース

募集定員:10名

年限:4年

募集期間:2024年9月15日~2025年3月31日

入試区分:AO入試、学校推薦入試、一般入試、各種特待生入試

選考方法:書類審査、面接試験(AO入試の場合は免除)、小論文試験、※特待生を受験する場合は筆記試験を実施します

★詳しくは2024年4月発行予定の2025年度生募集要項をご覧ください。

▼開志創造大学(仮称・設置認可申請中)の入試制度については2025年度生募集要項でご案内いたします。

オープンキャンパス
資料請求
ページのトップへ戻る