NLEED

将来は検察事務官として、被害者や遺族の力に

近藤 杏優さん

法学部併修学科 / 巻高校出身
日々のニュースを見て感じた違和感から、被害者やご遺族の力になれる検察事務官を目指そうと思いました。
学校で学んでいること・学校生活

現在は、犯罪と刑罰の関係について興味を持って学んでいます。
国家試験の対策授業や、中央大学法学部の通信授業を受講することで、法律の知識を深められるのがとても心強いです。
また、インターンシップなどを通じて、社会人としてのマナーや身だしなみも身に付けられるように心がけています。

 

これから叶えたい夢・目標

将来の夢は、検察事務官として被害者やご遺族の気持ちに寄り添い、貢献することです。
座学の内容を実践するために、インターンシップや検察庁が開催するイベントに積極的に参加し、知識を実務に結び付けながら学んでいるところです。
また、生きた法律の知識や検察事務官としての心構えについても意識して取り組んでいます。

この分野・学校を選んだ理由

高校生の頃に見たニュースがきっかけです。その事例では加害者の刑罰が軽く、被害者やご遺族が悔しい思いをしていたのが心に残りました。
少しでもそのような方々の力になりたいと思い、法律を学ぶことに決めました。
法学部併修学科では中央大学法学部の映像授業が受講でき、法学部の学士を取得できる点が大きな魅力でした。
学内の授業も少人数クラスの担任制なので、自分が納得するまで充実して学ぶことができます。

オープンキャンパス
資料請求
ページのトップへ戻る