NLEED

【大学】or【NLEED】何が違うの?

 

 

新潟法律大学校と大学を比べてみよう!

大学進学から専門学校(NLEED)へ進路変更。

そして、中央大学を併修しながら充実した日々を送る羽賀さんにインタビューしました!

 

羽賀さんが法律を勉強したいと思い始めたのはいつ頃ですか?

高校時代に同い年の従妹が「弁護士になりたい」と言っていて、それで「法律」が気になり始めました。担任の先生の後押しもありましたし、法律を知っていればどんな仕事にでも活かせるのでいいなって。

なるほど。はじめは大学の法学部を志望していたのですか?

はい。法学部に入りたくて大学受験を目指していましたが、今思えば本当に行きたい大学とは言えなかったと思います。結局浪人もしましたけど、成績は思うように伸びず…。

そうだったのですか…そんなときにNLEEDに出会ったのですね!

はい。はじめは、正直胡散臭いなと思いました。(笑)新しい学校でしたし、新潟で中央大学法学部を卒業できるって本当なのかなって。

実際に入学してみて、どうですか??

とにかく「法律」に対する見方が大きく変わりました。この学校に入学してから、弁護士や司法書士、行政書士の先生方など法律に関わる多くの人に出会うことができたので、「法律=弁護士」というイメージしかなかった私にとってはとても新鮮で大きな学びでした。

大学の法学部との違いは何だと思いますか?

「学問」を勉強するというよりも「実学」重視で授業が進んでいくところはさすが専門学校だなと感じています。とにかくたくさんのイベントを先生が紹介してくれるので視野が広がります。

イベントというと?

検察庁の説明会や裁判所見学、弁護士のシンポジウム、ボランティア、海外での研修などたくさん参加しました。

大学の場合、自分で参加したいイベントを探して申し込んで…というのが当たり前だと思うのですが、ここは先生との距離が近く、先生方から積極的に声をかけてくださるので助かっています。

でもやっぱり勉強は大変ですか?

もちろん、大変です!でも、少人数制のクラスで先生方も細かく丁寧に教えてくれますし、中大のオンデマンド授業も何度も復習できるのでついていけています!

なるほど。今後の目標は?

もともとは弁護士志望でしたが、この学校で多くの人と出会ったことで変わりつつあります。今の目標は、まず中央大学を卒業することです。これからしっかりと勉強をして、自分の夢に少しでも近づけるように頑張ります。

ありがとうございます。これからも応援しています!

オープンキャンパス
資料請求
ページのトップへ戻る